スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またリスタート

シャウトモンX5sについて、本体であるX3を例に可動軸の入れ方の補足です。
yoko.jpg
ホビーベース イエローサブマリンの関節技[球体ジョイント]を2セット使用しています。

橙:特大
赤:大
青:中
緑:小

に色分けしています。

軸の角度は見本では図のように入れています。
関節技の接続用の穴はすべて3mmピンバイスで開口しています。

胸のビクトライズブーメラン、右肩のタテガミは2mmスプリングなどで接続。
バックパック、尻尾の接続には3mmアルミ線を使用しています。

あと左右で腕の形が違います。
上腕の長さが長い方が右、短くてメカディテールのはいってる方が左です。
腕は肘の装甲裏に「右」「左」と彫り込んであります。

左腕にしかX5時のスパロウモンのパーツがつかなくなってるのでお気を付けください。

自分用のメモの意味も兼ねて更新してみましたが少しでも参考にしていただけたら幸いです。


スポンサーサイト
投げ売り堂

コメントの投稿

非公開コメント

TweetsWind
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
デジクロスカウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。